ダイニングや書斎の椅子など、ちょっとオシャレなデザイン性のある物を選ぶと、部屋のアクセントにもなり、他のインテリアもぐっと引き立ちます。椅子で遊んでみると言うのも部屋の空間がかなりオシャレになって良いのではないでしょうか。椅子は、立体的で、独創性があってもそれなりに日常的に使えるアイテムです。けれどテーブルやチェストなどの家具は、やっぱり物を収納できる四角い形の方が機能的で使い勝手が良いです。テーブルも、丸より四角の方が、収まりが良いですよね。でもイスならある程度の遊びがあっても日常使いには何の問題もないのではないでしょうか。色や素材、そして形など、こだわりを見せてみ良いアイテムでしょう。でもデザイン性だけではなく、すわり心地も多少は追求したいかなと感じますから、購入前は座ってみるに限りますね。

椅子などのインテリアを購入する際のポイント

自宅の新築や新たな賃貸住宅への引っ越しの際に、椅子をはじめとする様々なインテリアの購入を検討することがあります。その際自身好みのデザインのものを購入したいと考えるのは当然ですが、その前にまず次のようなポイントについて押さえておくことをお勧めします。まず挙げられるのが座り心地などの使用感で、家具である以上使用することを前提としなければなりません。特に椅子やテーブルなどはデザイン性を重視するあまり使い勝手のよくないものを購入してしまうと、後々大きな不便を感じてしまうことがあります。そのためデザイン性よりも何よりもまずは使い勝手を一番に考えることが重要です。次に挙げられるのが部屋全体にマッチしているかどうかという点で、一つだけ趣の違う家具があると、違和感が発生することがあります。部屋全体のイメージを考えつつ、家具を購入するのも一つの手です。上記のポイントをしっかり押さえ、優れた家具を購入することをお勧めします。

こだわりのインテリアはお気に入りの椅子から

新築するときに限らず、お部屋の表情を少し変えたい時に、たった一脚の椅子を置くだけでもその効果は絶大です。椅子とひと口に言ってもその種類や用途は様々です。食卓テーブルに合わたり、書斎の机に合わせたり。リビングに自分用のお気に入りのを置いたり、ちょっとした飾り物やお花を置いたりと、シーンに応じてあれこれ考えるのも楽しい時間です。また、素材や質感・カジュアルか重厚かなど、選択肢も広く、何にこだわって選んだら良いのか、自分の好みをはっきりわかっていなければ、延々と悩むことになります。しかしそれも楽しい時間です。日頃からインテリア店巡りをして色々な提案を勉強したり、最近の人気の傾向を調べたり、お気に入りの一脚に出逢うためには努力も必要です。とりあえずなんでもいいのか、ずっと長く付き合って行きたいのか、こだわりも素敵です。椅子にはそうまでする価値がきっとあるから。

無垢材無着色のため、木の本来の風合いや経年変化による自然の木の魅力を体感いただけます。 木を知る熟練の職人が原木での仕入れを行い、製材立会い・乾燥・木取りなどすべて自社で行っています。 チェアやベッド等、多数のグッドデザイン賞を受賞。 カウンターチェアやスツール・LDチェアなど30種類以上のデザインからお選びいただけます。 インテリアの購入なら椅子こだわりの家具蔵へ!